FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fate/GrandOrder について②

続き






FGO冬イベ大阪の部に参加して、クリエイターズトークを聞きに行ったら、
やはり6章やハロウィン、クリスマスのあたりは常にユーザーが増え続けたらしく、最終決戦中はアクティブ数の最高記録を毎日塗り替えるほどだったとか。

クリエイターズトークの中では、

最終決戦に向けての練習として鬼ヶ島などのレイドイベントをやった
最終決戦を盛り上げるために、魔神柱ごとにBGMを設定するのを締切ギリギリなり決めた

など色んな開発裏話があったけど、

あんなにサーバーが落ちたり不具合だらけだったりしたレイドイベントが、この最終決戦のための予行演習だったなんて・・・!
と自分の中で何かが繋がった気がした。

そう言えば、今回そんなにアクティブが多くて、こんだけ周回されてるにも関わらず、
緊急メンテやサーバーダウンどころか、重くなってすらいない・・・!!

あまりに普通にプレイしすぎていて全く気が付かなかったけど、前述した初期のFGOとは、もう完全に別物になってる!!!


その事に気付いたとき、自然と
「ああ、やっぱり思ってた通り、ディライトワークスは頑張ってくれてたんやな」
と嬉しくなっていた。


確かに、初期のFGOはどうしようもなかった

Fateの看板がなければほぼ間違いなくサービス終了してただろうくらいに。
盛り返すために切り札のギルガメッシュを実装して、その効果が薄ければそれでもサービス終了していたと思う。
きのこが携わっていたから、ここまでの成功を収めることが出来たのも間違いない。
そもそもきのこが書いてなければ多分終わってた。

でも、それだけじゃあない

イベント毎に間違いを犯しながらも、次はもっとより良いものにと精進を怠らなかった
最終決戦に向けての練習だった茨木童子や鬼ヶ島のイベントでは全然ダメだったのに、
最終決戦は、悪かった点を全て直し、ユーザーの猛烈な周回で予定が狂ったであろうにも関わらず、すぐに数を増やして対応した
少しでも喜んでもらえるようにと急に決まったBGMの増設にも対応している
スマホゲーの運営としてのプロ根性を見せてもらったように思う。


贔屓目に見ている点もあるだろうけど、
最終決戦を盛り上げて、FGOという作品の最初の物語を完璧な状態に仕上げてくれたのは間違いなくディライトワークスじゃないだろうか。
きのこのシナリオがあることは勿論大前提として必要だけど、あのどん底の情況からここまで這い上がってこれたのはディライトワークスの努力あってのものだと思うんだ。


初期のイメージが先行してしまって、悪いイメージがつきまとっているけど、
今回、FGOがエンディングを迎えて、
この物語は、
「マシュの成長の物語」
という一面を持っていたり
それ以外にも色んな見方があると思うけど、
俺は
「ディライトワークスの成長」
も、しっかりと感じ取ることが出来た。


まだサービスは続くし、次の物語もあるけれども、
まずはこの1年半、最終決戦に向けて頑張ってきてくれたディライトワークスに感謝したい。
お陰様で最高に満足できた。

どれくらい満足したかと言うと、この1年半で50万円以上課金してるけど、全く一ミリも後悔なんてしてないし、今後も渋る気はないくらい。

最初はコネで作らせてもらってるだけのしょうもない会社みたいに言われてたけど、今なら誰もそんなこと言わないんじゃないかな

まあそんな会社だと見抜いて選んだきのこが結局一番凄いのでは?wという話。







ここからは最終決戦の話

配信見てくれてる人は知ってるだろうけど、巌窟王がマブダチな俺にとっては最終決戦のアンドロマリウス戦は
も〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ほんっっっっまに堪らんかったよね

邪ンヌとかいう大人気キャラがいたにも関わらず、アンドロマリウス制圧後のシナリオは巌窟王単独って
もう俺のためにわざわざ作ってくれたんじゃねえのか!?
と錯覚するくらいに最高に素敵だった
タバコに火をつけさせてくれ〜〜!!

その巌窟王がHP150万で初見殺ししてくる奴に60%のクリティカル発生してギリギリでトドメ刺して倒してくれたのも、俺には堪らなく気分が良かった

愛情込めて育てたサーヴァントはマスターに応えてくれるなんていう素敵な言葉を低レアスキーの人が言ってたけど、ほんまやなぁと思いました


そんで最終決戦のBGM
毎回違うBGMで、きのことディライトワークスの本気を見たって感じ
さすが盛り上げ方"理解って"んな〜〜!!

そんでもって、序章のモルガンの流れを汲む、マシュの宝具シーン
喜び方熟知されてるって感じするわw


最終決戦に勝つことはできたし、ある程度予想通りな点もあったけど、
もう今のカルデアにはロマンもいないし、フォウくんもただの獣になってしまったのはやっぱり非常に寂しい

そして、竹箒日記を最後まで見ると、もう本当にロマンは出てこないのかもしれないなと思うと余計泣きそうになったっていうか泣いた

全部が終わったあとに、色彩をフルで聴くと歌詞の意味全てがわかって、さらに泣く


まあよく感動して泣くから、
こいつまーた泣いてるよ
って感じかもしれんけど


一番涙が溢れて止まらなくなったのは、
俺にとってこのグランドオーダーの旅はどんなものだったか?
とマシュに聞かれたとき
一気に1年半分の思い出が蘇って感極まって泣いてしまった

ほんとに楽しかったと心から思う

今までらいつべで配信しながら布教してきたけど、それが間違いじゃなかったというか、布教して正解だったと思えるのはアマガミ以来2つ目かな

今はなんか余韻が凄すぎて周回のやる気が出ない状態だけど、年末にはアニメのFirstOrderがあって、その中で発表されるであろうNextOrderで、また次への気持ちを盛り上げてくれるだろうと思うと活力が湧いてくる


これからも期待しています


ところで巌窟王再ピックアップはまだですかね・・・?
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

Fate/GrandOrder について

ネタバレ含むのでクリアしてから見てくれ

1年半プレイしてきた中での想いをぶつけてます。
長くなると思います。
配信とかでいくら話しても満足できないので、感情の整理など自己満足の面がとても強いですが、誰かにこの気持ちを伝わればなと思って書きます。








最初にFGOを知ったのは、Fateのスマホゲーが出ると配信で聞いた時。

DEEN版のアニメが面白くて、
映画版のUBWにハマって、
Zeroのアニメも最高だったから、

そりゃどんなゲームになるのかと期待したよね。

その後、トレーラーが発表された時には完全に覇権ゲーだろこれと興奮しまくったのを覚えてる。
しかも大好きなアマガミを作った、
高山箕犀大先生
がイラストを手掛けるキャラクターもいるなんて聞いたらそらもうよ。


でも実際は、リリースを延期しまくり、結局いつ出るねん状態のまま、気付けばAndroid版がリリースされていた。
自分はiPhoneユーザーだったので、何だよそれと思いながら周りのAndroidユーザーの反応を見ていると、

ガチャは劇渋
緊急メンテはやりまくり、
ゲームとしての要素も褒められたものではない
一応シナリオだけは面白い。さすがきのこ。

と、なんでスマホゲーにしてしまったのかという感じだった。


そんな評価を聞いてやろうと思うやつはどこか頭のおかしい奴しかいない。
当然俺もそれならやめとくかと思ったものの、

「いや、どんな酷いゲームなのか自分でもちょっと触ってみたいような気がするし、iPhone版はリリース遅れてお詫び一杯あるみたいだし、何より配信としてネタにできそうだ」

と考えて、実際どんだけ酷いのか確かめるという名目でやってみることになった。


やるとなったら本気を出すのが性分で、アカウントを20個以上作り、全てで詫び石を貰って擬似リセマラとして配信で初プレイ。
ガチャ結果としては星5がでたのは1垢だけで、他は星4が複数出たのがあっただけ。

エミヤが欲しかったのに・・・
と言っていたら、エミヤ垢をリスナーからプレゼントしてもらいました。


エニスくんあの時はありがとう。
最初はそのアカウントでやろうとしたけど、後から思い直して星4が一杯出てたアカウントに切り替えたので、貰ったエミヤは電子の海を漂ってます。すまんw


そんなこんなでアカウントを決めて

課金は絶対やらん!!!!
周りがシナリオは面白いと言っているから、シナリオだけ無課金で見ていく!

という方向性で、まずは序章を配信でプレイしたんだけれども・・・





これがめちゃくちゃ面白い!!!

もう、テンション上がりまくり

モルガンを受け止めるマシュの仮想宝具でテンションがあがり、
その後に始まるオルタ戦でテンションがあがり、
オルタ戦のBGMのgrandbattleでテンションがあがり、

カルデア帰還後に、ロマンからグランドオーダーを言い渡されて、7つの特異点を旅することを想像して
まさに心が奮い立ったのを今でも覚えてる。

こんなにワクワクする導入が今まであっただろうかくらいの感動と期待があった。


もうそんな風に感じてしまったら、最初の無課金の誓いなんて無かったことになるよそりゃ〜〜
うろ覚えだけど序章終わった時に早速1万円分課金してエミヤ狙ったような気がする

出なかったけど

でも、直後余った石でヤケクソ1回召喚したらジャンヌが出たのでまあ良し!!だった記憶



そんな感じでFGOにのめり込んでいったわけなんだけども、
初期のFGOは、

イベントをやると言ってはメンテ延長からの緊急メンテ
シナリオを追加すると言ってはメンテ延長からの緊急メンテ
どんだけメンテ好きやねん

FGOのアプデ初日は遊べないものと思えなんて言われるくらいには酷いもんだったなぁ

しかも最初はイベントの内容も強烈で、
フレポで出るレア度最低キャラプレゼントとか、
周回効率が初級が一番良かったり、ガチャイベント礼装が全く意味なかったり、
急にゲリラクエストとかやり始めてサーバー落としまくったり、
ほんとにどうしようもないゴミクズ運営と言われてもしょうがない内容だった


でも、特にイベントが顕著だったけど、
前回のダメだったところは、次回しっかり直してくる。
新しい形式に挑戦している。
そんな向上心のようなものと、反省をすぐに活かすフットワークとに、

「今はまだFGOしかリリースしてなくて、スマホゲーの運営開発のノウハウが確立してないんじゃないか?
 このまま進めば、どんどん理想形に近づいていくんじゃないか?」

と、未来のFGOに期待をすることが出来たのが、今までFGOを続けてこれた理由の一つのように思う。


そんな期待に少しずつながらも答えてくれるかのように、イベントの内容や、緊急メンテの頻度は下がっていって、気付けば普通かそれよりちょっと上くらいの運営になっていった。

特に6章からの盛り上がり方はイベントも含めて半端じゃなく、心は完全にFGOに囚われてしまい、他のゲームにあまり手を付けられなくなってた


そんなFGOが、先日ついに最終決戦を迎え、エンディングに辿り着いた。




続きます
プロフィール

レバカス

Author:レバカス
配信内で使用できるSE一覧と、SE更新のお知らせをするだけのはず

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。